四間飛車で初段を目指すブログ

タイトル通り、将棋の戦法『四間飛車』を使って将棋ウォーズで初段を目指すブログ。 最近は石田流も指すようになりましたw

反省会(20180621)

ども、たきたきでっす。

今日も2勝1敗でフィニッシュしたのですが、今週は月〜木と4日間連続で2勝1敗という結果でした。

んで、久々にCPUと対局があったのですが見事に負けましたのでそちらを振り返ってみようと思います(余談ですが、2段の方と対局があったのですが相手が受けを間違って勝ってしまったという…w)

 

たきたきは先手でCPUは1級の9_tsutsukanaでした。

序盤で馬を作られてしまったものの、なんとか6筋を突破したこの局面。

☖35歩と突いてきた局面。 馬の利きを止めてまで歩を突いてきたのですが、これはCPUの緩手かなと。 ☗45銀と銀・角の両取りヘップバーンの筋があったのですがここで自分が指した手は、

☗86角。 55の歩が邪魔で上がったかと思うのですが☗45銀と比べると悪手すぎでしたw

 

☖36歩と続いて敗色濃厚な感じだったのですが、CPUが空気を読んだのか悪手を連発してくれたおかげで、

こんな局面になりました。

こちらもやばい感じなのですが手番は我にあり。 とはいえここから詰ますのはきついなーと思って☗24飛と指してしまったのですが実は詰み筋がありました。

 

まず、☗31飛から入ります。

悪手だった86の角が利いていてこの飛車は取れません。 ☖12玉は☗32飛成から詰んでしまうので、☖22玉の1手。

この状況で詰むのかと思ってしまうのですが、次の手は、

☗32金。 ☖23玉は☗21飛成で詰んでしまうのでここも☖13玉と逃げるのみ。

この局面でも持ち駒が歩だけで詰むのかなと思ったのですがここから怒涛の王手ラッシュがありまして、

☗11飛成と王手。 ☖12金と合駒を打ってきますが、

☗31角成でこれまた王手。 ここまでくればさすがに詰みを発見することができました(☖23玉☗24香)

 

こちらの状態からは9手詰めになるのでなかなか見つけられないかなと思うのですが持ち時間がまだ4分以上あったのでもう少し考えてから指すべきだったかなぁと。 ちゃんと粘ってそのうえで負けるのはしょうがないと思うのですが持ち時間を有効に使わないとなぁ…